Posted By admin Posted On

ガーデニング霊園って何?どんなものがあるの?


ガーデニング霊園の特徴

ガーデニング霊園はヨーロッパでは主流となっています。簡単にいうと明るく色鮮やかな花々、緑の芝生が墓地に敷き詰められています。美しい花や植物に囲まれて穏やかな眠りを送れる新しい供養の在り方として注目されています。過去・現在・未来までの心のふれあう場を提供して、人が集まり癒す場所となっています。心を込めて花や木々の手入れを行っていて、故人とのコミュニケーション空間の場でもあります。雄大な景色が魅力の1つでもあり、晴れたには気持ちよく周囲の景色を見ることができます。

バラ咲くガーデニング霊園とは?

ガーデニング霊園の種類はいくつかありますが、その中のバラのガーデニング霊園について紹介します。バラの庭園のようなモダンな作りになっています。年月が経過しても、花や木と一緒にその場所で自然の中に還る様に埋葬される樹木葬です。1年を通して色とりどり、多くの種類のバラが咲いています。樹木葬は自然葬やお墓を建てない人に選ばれています。

バラの樹木葬の2タイプ

バラの樹木葬には個別タイプと合祀タイプの2種類があります。個別タイプは1つの区画に2名まで納骨することができます。お一人様だけでなく夫婦や家族、兄弟、親しい方との埋葬記録を墓誌に彫刻するだけでなく、希望すれば花の彫刻も可能です。自分だけのスペースを確保できます。

合祀タイプはバラに囲まれた永代合祀となっています。納骨堂は美しいバラのステンドグラスとなっています。遺骨はさらしの袋に入れて他の方と一緒に納骨されます。

いせやの公式サイト